簿記3級に落ちた原因、何回も受からない原因を解明し合格まで導く

簿記3級落ちる原因 未分類
スポンサーリンク



日商簿記3級に落ちた原因と戦略を提示します
当記事は日商簿記3級に不合格だった方の主な原因を示し、
さらにその対策と点数毎の今後の戦略を提示していきます。

簿記3級に不合格の原因

日商簿記3級に落ちる原因
日商簿記3級はなめてかかると落ちます

日商簿記3級は合格率およそ40%以上と資格の中では比較的簡単な分類です。
しかし、落ちる人は落ちますし、なめてかかると痛い目にあいます。
では不合格の原因はなんでしょうか?

勉強時間の不足

日商簿記3級に落ちる原因1
日商簿記3級に落ちる原因1は勉強不足です

一番多い原因が勉強不足です。
簿記3級合格まではおよそ100時間の勉強が必要になります。
なかなか時間が取れない社会人の方もいらっしゃるでしょうが、
頑張って一日一時間ほどの隙間時間を作ってみてはいかがでしょうか?
朝少し早く起きる、通勤時間の利用、夕飯の前など少しでも勉強するタイミングはあるはずです。
一日一時間の勉強をすれば計算上は三か月少しで合格できます。

間違った勉強法

日商簿記3級に落ちる原因2
日商簿記3級に落ちる原因2は間違った勉強法

たくさん勉強してるのに合格できない、そんな方は間違った勉強法をしてる可能性があります。
例えば英語を聞き流してるだけではいつまでたっても英語ができるようにならないと同じで、
間違った勉強法をやっても合格できません。
こんな方はまずは勉強法の勉強から始めましょう。

自分に合ってないテキストを利用してる、または最新版じゃない

日商簿記3級に落ちる原因3
日商簿記3級に落ちる原因3は自分に合ってないテキストを使ってる

市販の本では評判がよくても独学に向いてない本もあります。
使ってたテキストがいまいち分かりにくいと感じたら
思い切ってテキストを替えるのもいいと思います。
さらに気を付けてほしいのが、最新版のテキストを利用することです。
簿記は改定が激しく、古いテキストでは対応できないこともあります。
改訂版が出てないかもチェックしましょう。

理解をしてない 仕訳を根拠を持って解けてない

日商簿記3級に落ちる原因4
日商簿記3級に落ちる原因4は理解して問題を解いてない

簿記は暗記科目っと思ってる方もいますが、実は理解も重要になってきます。
特に根拠を持って仕訳できるようにしましょう。

例えば
商品500円を売り上げ、代金は掛けとした場合
売掛金 500 / 売上 500
商品を売り上げた→収益を増やす→収益を増やすには貸方に記入
代金は売掛金とした→資産を増やす→資産を増やすには借方に記入

などと根拠を持って仕訳を解けるようにしましょう。
そのためにはまず資産、負債、純資産、収益、費用の定義をしっかり理解しましょう。
そのうえで取引をしっかりイメージし、
その取引が資産が増えるのか、費用になるのかなどをしっかり理解しましょう。
これが難しければ、専門学校に通うことも検討しましょう。
本当に簿記が苦手であれば通学で講師の近くで勉強することを勧めます。

点数毎に示す今後の戦略

日商簿記3級の戦略
日商簿記3級に落ちた方の今後の戦略を教えます

不合格でも点数によって実力は違います。
そこで、点数毎に今後の戦略を提案していきたいと思います。

50点以上で不合格だった場合

日商簿記3級の戦略1
50点以上で不合格だったら2級へ

60点前後で不合格だったのは非常に惜しいです。合格までもう一歩です。
このくらい点数が取れていればあとは演習を繰り返した方がいいので、
過去問10回分くらいを回転させる、苦手な論点は問題集もやるなどをしたほうがいいと思います。
もし、簿記2級の合格も目指してるなら、2級の勉強をしてもいいと思います。
充分2級のテキストも理解できるでしょう。

50点未満で不合格だった場合

日商簿記3級の戦略2
50点未満で不合格ならスクールへ通おう

50点未満で不合格だった場合は残念ながら理解が不十分です。
ですので、またテキストからやり直しましょう。
まずはテキストを読み、例題を繰り返し根拠を持って解けることを目標にしましょう。
場合によっては簿記の専門学校、予備校に通うことも考えましょう。
一度不合格になった場合は苦手意識があると思いますので、
通学で講師の近くでいつでも質問できる環境で勉強するといいと思います。

最後に

日商簿記3級に落ちた方へ
あなたならできます。がんばって

おそらくこの記事を読まれてる方は簿記に苦手意識を持ってると思います。
ですが、簿記は理解すれば、まるでパズルを解いてるみたいに面白くなります。
今後の健闘を祈ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました