税理士

スタディング税理士講座の悪い評判、口コミ、デメリットを掲載中

スタディング税理士講座の悪い評判、口コミ、デメリット税理士

スタディングの税理士講座の評判、口コミを掲載してます。

公式ページを見ただけでは分からない、スタディングの悪いところ、デメリットをしっかり記載しました。

ですが、百聞は一見にしかずという言葉があるように、まずはスタディングを体験されることをおすすめします。

特にスタディングは合う合わないがあります。
是非体験しましょう。

なお稀にキャンペーンが行われます。

➡スタディングのキャンペーン情報はこちら

スタディング税理士の悪い評判

計算はスマホで勉強しにくい

税理士試験は計算と理論の両方を勉強しなければいけません。

スタディングの税理士講座はスマホでの学習がコンセプトですが、

残念ながら計算だけはスマホだけの学習では完結できません。

机に向かって電卓を叩く必要があります。

問題用紙はスマホでも閲覧できますが、ダウンロードすることもできます。

スケールメリットが弱い

スタディングは税理士試験合格者のなかではかなりマイナーな講座になります。
税理士試験は相対試験です。

そのため、全受験生の中で自分の成績を把握しておく必要があります。
大手の学校は生徒数が多いため、校内模試で正確な立ち位置が把握できます。

しかし、スタディングは受講生が少ないため井の中の蛙になりがちです。
そのため、大原やTACなどの模試も受講するようにしましょう。

演習量が少ない

スタディングの税理士講座は演習量が少ないという口コミがありました。

もともとスタディングは効率よく合格することを目標にしてます。

そのため、演習量は比較的少な目でしょう。

もし、金銭的に余裕があれば直前対策講義がセットになってるコースを受講してください。

質問ができない

スタディングは残念ながら質問ができません。

税理士試験は基本的に暗記要素が強いので、そこまで気になさらなくても大丈夫かもしれません。

今後1回○○円で質問できるオプションサービスなどを追加してほしいですよね。

紙テキストはオプション

スタディングの税理士講座は紙テキストはオプションになります。

そもそもスタディングはスマホでの学習をコンセプトにしてます。

そのため、紙ベースで勉強したい人には不向きでしょう。

➡冊子オプションについて詳しくはこちら

合格実績、合格率が非公開

スタディングは実績が非公開です。

また、算定もしておりません。

合格実績を載せてないと本当にこの学校で大丈夫かなっと心配になるかたはスタディングに向いてません。

毎年合格者の一部の方からは合格の報告をいただいておりますが、スタディングはオンライン講座という性質上、全ての合格者の方から報告いただけておりません。

そのため、合格者数や合格率については、公表を控えさせていただいております。

合格者の方からの合格体験談を公開していますので、ぜひご覧ください。 公式ページから引用

スタディング税理士のいい評判

インプット→4段階のアウトプットで螺旋階段を登るように実力をつけられる

スタディングは基本講義でインプットしたらすぐに4段階のアウトプットをすることをできます。

アウトプットはスマート問題集、トレーニング、テーマ別演習、実力テストの4段階です。

スマート問題集は基本講義の内容を確認できるテストです。
選択式のためスマート問題集はスマホで学習できます。

スマート問題集でアウトプットした後は定着させるためにトレーニングをやります。
このトレーニングは残念ながら机に向かって電卓を叩く必要があります。

複数の単元を終えたら次はテーマ別演習というのをやります。
このテーマ別演習には解説講義がついてます。

仕上げに実力テストがあります。
実力テストにも解説講義がついてます。

私も実際に試してみましたが、学習した範囲を実際に解けることを実感できるため、すごく楽しいです。

この楽しさは体験してみないと分かりません。
是非無料体験してみてください。

➡ステップアップトレーニング方式について詳しくはこちら

勉強のハードルを下げてくれる

税理士試験の勉強は長丁場になります。
そのため、モチベーションの上がり下がりはあるでしょう。

スタディングはインプットと簡単なアウトプットはスマホ学習ができるため、少しやる気のない日はベッドの中で勉強することもできます。

講義は1回10分程度なので始めやすいでしょう。

もちろん、ベッドの中だけで合格できるほど税理士試験はあまくありまんせが、やる気のある日に電卓を叩くアウトプットをまとめてやれば十分合格できます。

スタディングは勉強のハードルを下げてくれるため、勉強時間の創出ができます。

理論はサクサク暗記できる

スタディング税理士講座の理論の勉強しやすさは抜群です。

テキストの重要な用語を赤シートで隠す暗記ツールがあります。

タップするだけでテキストの赤シートが消えますのでサクサク暗記することができます。

➡暗記ツールについて

視覚的に理解できる分かりやすい講義

スタディングは教室代などのコストは削減してますが、講義にはお金をかけてます。

アニメーションや図解を用いて視覚的に理解できる講義になってます。

大手専門学校みたいに板書に時間がとられることがありません。

大手予備校の6分の1の価格

スタディングの税理士講座は価格破壊です。
スタディングを選ぶ人は価格を理由にしてる人が多いのではないでしょうか?

スタディング資格の大原TACクレアール
59,950円383,000円383,000円230,000円

※簿記論・財務諸表論のセット価格です。
※コース時期によって差異あり。

スタディング税理士講座の簿記論と財務諸表論の評判

スタディング税理士講座の簿財担当講師は中村博之先生というかたです。

中村先生の評判は非常によく、分かりやすいという口コミが多数ありました。

スタディング税理士講座の法人税法の評判

スタディング税理士講座の法人税担当講師は藤田健吾先生です。

この藤田先生も評判が非常にいいです。

特にスタディングは法人税の合格者が比較的多い気がします。

ちなみに、消費税といった他の科目はあまり評判がない、または悪い口コミが多い気がします。

スタディングで税理士に合格できるのか?

スタディングで本当に税理士試験に合格できるのでしょうか?

私がSNSで探したところ実際に合格した人がいます。

税理士試験は努力の要素が強いため、極端なことを言えばどの予備校でも頑張れば合格できます。

税理士試験について質問です。
26歳の会社員です。

スタディング(旧通勤講座)だけで簿財2科目を9カ月で取りました。 yahoo知恵袋から引用

スタディングで税理士に合格した人は右肩上がりです。

以下の表は公式ページで公表されてる合格者の声の合計です。

2017年2018年2019年2020年
5人4人17人50人

 

税理士試験の科目合格を目指すならぜひ今から目指しましょう。
12月からやれば来年の試験日(8月を想定)まで8か月間あります。

スタディングは法人税法の勉強時間が600時間、簿記論と財務諸表論の勉強時間がそれぞれ450時間を想定してます。
➡税理士試験の勉強時間について

今から始めると法人税法の合格は月に75時間、週に18時間、平日2時間、土日で4時間やれば合格できます。
簿記論と財務諸表論は月に56時間、週に14時間、平日に1時間半、土日で3時間やれば合格できます。

タイトルとURLをコピーしました