スポンサーリンク
公認会計士

cpa会計学院のパンフレットを資料請求する前に知りたい評判

スポンサーリンク
cpa会計学院の悪い評判、いい評判公認会計士
スポンサーリンク

cpa会計学院のパンフレットを資料請求する前に知りたい良い、悪い評判、メリット・デメリットを解説します。

他サイトの記事にはない充実した解説記事になってますので、ぜひ最後までご覧ください。

特にcpa会計学院の悪い評判、デメリットを厳しい目で評価しました。

スポンサーリンク

cpa会計学院の悪い評判、デメリット

cpa会計学院の悪い評判、デメリットは少なかったです。

ですが、他校より辛口に厳しく評価しました。

詳しく解説します。

テキストが分厚い


cpa会計学院のテキストは分厚いです。

特に理論科目が分厚いですね。

そのため、テキストを回転させるのに時間がかかります。

しかし、重要度を明記しているため、取捨選択ができる学生さんなら大丈夫でしょう。

また、テキストが分厚いのは図解やイラストを豊富に使い丁寧に解説してるというのもあります。

テキストに誤植が多い

cpa会計学院は残念ながらテキストの誤植が多いです。

ですので、毎年公式ページでテキストの訂正表を発表されます。

ここは直してほしいですね。

予備校オタクになる傾向が

大学受験の経験がある人なら分かると思いますが、予備校オタク、講師オタクはだいたい落ちますよね。

cpa会計学院はカリスマ講師が多く在籍しており、さらに単科も充実してます。

そのため、講師信者になりやすく、予備校オタクになりがちです。

校舎数が少ない

cpa会計学院は関東と関西の7校舎しかありません。

ですので、地方に在住で校舎に通って直接教わりたい人はcpa会計学院は向いてないでしょう。

良くも悪くも講師任せ

cpa会計学院は講師の実力を最大限発揮できるように講師の裁量権が強いです。

レギュラー講義や圧縮講義はテキストを使用して講義を行うのですが、

その他の講義は講師独自のテキストを使用して講義を行います。

やや高め

cpa会計学院658,000円
資格の大原760,000円
TAC760,000円
LEC短答のみ278,000円
クレアール421,200円

※コース、時期によって価格は変わります。

公認会計士専門学校全体と比較するやや高めです。

しかし、LECとクレアールは合格者数を発表してません。

ですので、実績がどのくらいなのかは分からないです。

実績を公表している予備校の中ではcpa会計学院が最安値です。

スポンサーリンク

cpa会計学院のいい評判、メリット

cpa会計学院の評判はいいように思えます。

実際のところどうなんでしょうか?

詳しく解説します。

質問が迅速に返ってくる

cpa会計学院はサポート体制にこだわりを持ってます。

たとえ忙しいカリスマ講師に質問しても、迅速に返ってきます。

TwitterのDMで手軽に質問できるの大きな特徴でしょう。

もちろんTwitterのアカウントがなくてもメール、電話、Skypeなどで質問できるので安心です。

有名講師が多く在籍

国見健介先生、植田有祐先生、池邉宗行先生、渡辺克己先生、松本裕紀先生、髙野大希先生、折原孝司先生など数多くの人気講師がいます。

各予備校の人気講師を積極的にスカウトしてます。

講師の質では現在ナンバーワンでしょう。

複数の講師を受けられる

web上でほぼすべての講師の講義が受けられます。

そのため、分からない論点があっても、別の講師の講義を見れば分かることがあります。

これは他の専門学校にない大きなメリットです。

通信講座でも勉強しやすい環境

cpa会計学院は通信でも学習しやすい環境にあります。

オンライン自習室を作ったり、地方の有料自習室と提携したりなど、自己学習しやすい環境にあります。

また、講義を収録してから翌日には公開されるため、通学の学生とタイムラグは少ないです。

ほかの予備校は通信生はほったらかしのところが多いですが、cpa会計学院は月に一度面談があります。

悩みや学習スケジュールなどを電話で相談することができます。

合格率が高い

cpa会計学院は慶應や早稲田の学生が多いために合格率が高いと言われてきました。

しかし、最近は地方の学生などさまざまな学生が在籍してるため、合格率は実体を表してると思ってます。

もし、合格者のほとんどが慶應や早稲田の学生なら、TACや資格の大原とほぼ同じくらいの合格者数を出せないでしょう。

また、一発合格者数も高いです。

一発合格者はパンフレットに書いてあるため、資料請求してください。

割引、奨学金制度あり

cpa会計学院は奨学金制度や経験者割引が充実してます。

ここで書くと長くなるので、詳しくは資料請求してください。

スポンサーリンク

cpa会計学院の良い、悪い評判まとめ

悪い評判、デメリット

  • テキストが分厚く、回転に時間を要す
  • テキストに誤植が多い
  • 予備校オタクになりがち
  • 校舎数が少ない
  • 良くも悪くも講師任せ

いい評判、メリット

  • 質問が迅速に返ってくる
  • 講師の質はナンバーワン
  • 複数の講師の講義が受けられる
  • オンライン自習室や面談など通信生でもサポートが充実
  • 合格率は実体を反映している
  • 割引、奨学金制度が充実

まず申し込む前に資料請求をしましょう。

会計士予備校は高価で2年ほどの付き合いになります。

そのため、選ぶときは慎重に選んだほうがいいでしょう。

また、勧誘を心配されるかもしれませんが、私が資料請求したときは一切勧誘がありませんでした。

パンフレットにはネットには書いてない情報もあります。

ぜひ資料請求しましょう。

\まずは資料請求してください/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
私のツイッターフォローお願いします。またほしいものリストもお願いします。
スポンサーリンク
簿記3級のおすすめテキストと通信講座
タイトルとURLをコピーしました