簿記資格は必要あるのか?役に立つのか?→必要ない

簿記は必要あるのか? 未分類
スポンサーリンク



簿記資格は必要なのか、いらないのか、役に立たないのか
といった疑問に答えます。

簿記資格は必要ありませんが、役に立ちます。

簿記は役に立つ

そもそも、日商簿記に独占業務はないため必要ありません。
日商簿記がないとできない仕事は理論上ありません。
というのも、弁護士や公認会計士、医者などは免許、資格が必須です。
そのため、それらの仕事をするためには必ず取得しなければいけません。
それと比べて日商簿記は独占業務がなく簿記を持ってないとできない仕事は理論上ありません。
では、日商簿記で学ぶ内容は役立つのでしょうか?答えはもちろん役立ちます。
有名な言葉ですが、ビジネススキル三種の神器でIT・英語・会計があげられますが、
日商簿記で勉強する内容はこの3つのうちの会計にあたります。
また、有名な経営コンサルタントの塩野誠さんも20代に必要なスキル感で簿記2級をあげてます。

もちろんスキル“感“というざっくりした言い方なので簿記2級を取得せよっということではなく、
簿記2級レベルの会計知識は必要だよねということだと思います。
もっといえば日商簿記の“取得“自体は大して意味がなく簿記2級を学ぶ”内容”が大事ということだと思います。
残念なことに日本の大学ではあまり会計の知識を勉強しません。
ですが、欧米の大学は会計の授業は必修で、それだけ会計がビジネスマンに使われてるスキルということです。無論MBAはどこでも会計スキルは学びます。
まとめると日商簿記資格の“取得“は必要ないけど勉強の過程で得られる”スキル”は役に立つということです。

簿記を勉強することで身につく能力

ビジネスの公用語がわかる

ビジネスの公用語が分かる

みなさん、減価償却や売掛金、買掛金それに引当金の意味は分かるでしょうか?
これらの意味がご存じないと上司とうまくコミュニケーションを取れない場面が出てくるでしょう。
このようなビジネス公用語は日商簿記で学ぶことができます。
ビジネスの公用語を知ってることで日経新聞も読みやすくなります。ちなみに、上記の言葉は3級レベルです。

会社のお金の流れが理解できる

会社のお金の流れが分かる

簿記を勉強すると財務諸表が読めるようになります。
財務諸表とは会社の成績表みたいなもので、会社の活動を記録してあります。
よって、これを読むことで、どれだけの資金を調達してるのか、そして何に使われてるのか、どのような活動で利益を上げてるのかを把握することができます。

企業を財務の面から分析することができる

企業を財務面から分析できる

財務諸表を詳細に分析することで、経営状況を把握することができます。
具体的にはこの会社は資本をどれほど効率的に活用して収益をあげてるのか、
この会社は財務面で安全なのか、今までどのくらい成長してきてこれからも成長を期待できるか分析することができます。
このスキルは投資家はもちろんビジネスパーソンや就活生も会社の分析に役立つことでしょう。

資格自体は就活で大して評価されませんが取っておいて損はないでしょう。

簿記は取っておいて損はありません

実は面接官は資格の有無をそこまで気にしてません。
つまり、新卒採用では主にコミュニケーション能力、中途採用では実務経験が評価されるということです。
資格の学校や講師たちは資格が決め手になるとアピールしますが、それは失礼ながら誇張だと思います。
ただし、あくまで“決め手“になることはないだけで日商簿記2級を歓迎しており、実務未経験でも応募できる求人はたくさんあります。

もっといえば資格は必ずしも評価されなくても、資格をテコにすればアピールポイントになることもできます。
その資格を取った動機や努力の過程、前向きさ、今後の目標などをアピールすることができます
。例えば、日商簿記を取得してないのに、経理職を希望してますっとアピールされても説得力に欠けるのは容易にご理解いただけるでしょう。
休日などに資格勉強に励んでるとアピールすれば、前向きな姿勢や将来性を評価されるでしょう。また、どのように勉強を効率的にしたかをアピールすることもできます。
まとめると、資格自体が就活の切り札になるわけではないが、取っておいて損はない。資格をテコにアピールすることができるです。

AIによって簿記は必要なくなるのか

AIによって簿記を学ぶ意義はなくならない

AIによって経理職などはなくなるっと言われてますが実際のところどうなんでしょうか?
私なりの答えは経理職はなくなるかもしれないが、簿記(会計)自体が必要なくなるわけじゃないです。
AIが発達しても企業がある限り財務諸表はあります。
それらを読むのには簿記の知識が必要です。
さらにたとえAIによって経理職がなくなっても、会計ソフト(AI)を使う人は必要です。
会計ソフトを使うにはこれまた簿記の知識が必要でしょう。
このことからAIによって簿記の知識が必要なくなるわけではありません。

まとめ

簿記はビジネススキルの三種の神器
簿記を勉強することで身につく能力
ビジネスの公用語が分かる
お金の流れが分かる
企業の財務分析ができる
資格自体は評価されないが間接的に就活に役立つ
AIによって簿記の必要性はなくならない

コメント

タイトルとURLをコピーしました