独学がしやすい簿記3級のおすすめテキスト4選

簿記3級のおすすめテキスト 未分類
スポンサーリンク



糖質チワワの友達
糖質チワワの友達

テキストの選び方を知りたいし、おすすめだけじゃなくておすすめしないテキストも知りたい。

私は勉強が苦手だから独学に適したテキストを知りたいです。

こんな疑問にお答えします。

日商簿記3級を独学するうえで一番重要になってくるのが、テキスト選びです。
簿記は人気資格のため様々なテキストが出版されてます。
そのため悩まれるのも当然かと思います。
そこで、この記事では独学に適したテキストを紹介していきます。

糖質チワワ
糖質チワワ

特に独学が不安という方のために書きました。

テキストの選び方

テキスト選び方

まずは独学用のテキストの選び方を紹介します。

講義動画が付属されてるか
解答用紙が印刷できるか
イラストが充実してるか
問題量は気にしなくてOK
本試験レベルの問題を取り扱ってなくてもOK
問題集、過去問は同じテキストと同じ出版を選びましょう
最新版を選びましょう

詳しく解説していきますね

講義動画が付属されてるか

日商簿記検定の参考書は非常に市場が広いため、各出版がさまざまなサービスを提供してます。
その代表例がテキストに沿った講義動画が見られることです。
どんなにイラストや表などを駆使しても、テキストだけでは理解ができない独学受験生はいます。
しかし、動画を提供されてるテキストを利用することで理解ができる場合があります。
もちろん、動画を全部見る必要はないと思います。
テキストを読んで理解できない部分を動画で補うといいでしょう。

解答用紙が印刷できるか

解答用紙が印刷できるかどうか。これは必須です。
なぜなら、簿記はテキストの例題の解きなおしが重要で、
テキストに付属されてる解答用紙(1回分)では絶対に足りないからです。

イラストが充実してるか

文字だけのテキストを想像してみてください。読むのも嫌ですよね。
イラストや表などを駆使することで直感的な理解ができ、記憶を定着させることができます。
特に簿記は取引のイメージを掴むことが大事です。
イラストが充実したテキストだと理解がしやすいです。

問題量は気にしなくてOK

最近のテキストは問題集や予想問題集一体型のテキストが増えてきました。
しかし、意外と思われるかもしれませんが、問題量は気にしなくてOKです。
なぜならどのテキストでも問題集は別売りにされており、そっちのほうが充実してるからです。
さらに学習初期の段階では多くの問題を解くより
少ない問題を集中的に回転させたほうが効率的だからです。
学習初期ではここで紹介してるテキストの例題くらいの量を回転させれば十分です。

本試験レベルの問題を取り扱ってなくてもOK

前述のとおり学習初期の段階ではテキストの例題を高速回転させることが重要です。
高速回転させるためには、本試験レベルの問題ではなく易しい基礎的な問題のほうがいいです。
本試験レベルの問題は別途問題集や過去問、予想問題集で対策すればよく、
あくまでインプット(学習初期)の段階では簡単で少ない例題を回転させましょう。

問題集、過去問は同じテキストと同じ出版を選びましょう

問題集はテキストと同じシリーズのを選べばOKです。
なぜなら問題集にテキスト対応ページが書かれてるため、
テキストに戻って復習しやすいからです。
過去問もテキストと同じ出版社のを選べばOKです。
なぜなら出版社ごとに微妙に解法や解説などに癖がありますが、
テキストと同じ出版社なら多少なりとも解法、解説に馴染みがあるからです。

最新版を選びましょう

よくテキストを最新版ではない中古で購入していいか聞かれます。
答えは最新版を購入しましょう。
日商簿記は試験範囲の改訂が頻繁に行われます。
そのため、改定前の中古本ですと本試験に対応できないことがあります。

独学に不安を感じてる方へ

独学に不安を感じてる方は講義動画付きのテキストを選びましょう。
簿記は会社の取引をイメージすることが大事です。
これは動きのないテキストより、講師の身振り手振りで説明してもらったほうがイメージしやすいです。
さらに、簿記2級、1級、さらにその上の資格を取得することを考えると
簿記3級の知識をがっつり理解しておいたほうがいいです。

糖質チワワ
糖質チワワ

私も簿記1級を勉強してる時に3級の知識があやふやで苦労した経験があります。
講義動画といってもそこまで値段はしません。
是非講義付きのテキストを選んでみてはいかがでしょうか?

おすすめテキスト4選

おすすめのテキストは4つあります。
4つあるって言っても一番おすすめなのは最初に紹介する簿記の教科書です。
理由は多くの受験生を合格させた実績があるからです。
といっても合う合わないがあるでしょうから簡単な選び方を紹介します。

実績のあるテキストがいい→簿記の教科書
無料講義が充実してる→サクッとうかる日商3級
解法を知りたい、質問したい→パブロフ流でみんな合格
簡潔な説明がいい→大原で合格(うか)る日商簿記3級

詳しく見ていきましょう。

みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級

簿記の教科書

メリット
最大手の資格の学校TACから出てる本書。
フルカラーで豊富なイラストで直感的に理解ができます。
特に簿記は取引のイメージを掴むことが大事なので、
イラストが充実してるのは大きなメリットです。
さらに板書(図解)で重要なポイントが一目でわかり、
文章量が多いのも関わらず非常に見やすいのが特徴です。
巻末に仕訳集があるため復習の回転率がアップするのもうれしいところ。

糖質チワワ
糖質チワワ

私もこのテキストを使って日商簿記2級に合格しました。

デメリット
デメリットは講義動画が別売りなことです。
しかし、3300円でTAC人気講師の可児友子先生の授業が受けられるのはお得です。
電子黒板を利用した講義は分かりやすさ抜群です。
もう一つのデメリットは問題集はフルカラーではないことです。
問題集の場合なるべく本試験に近い白黒の問題集がいいと思うので、大して気になりません。

みんなが欲しかった簿記の教科書日商3級 第8版対応DVD[体験版] |TAC出版
TAC公式なら10%オフかつ送料無料です。
セットなら15%オフです。
簿記の教科書、問題集、DVDセットが5500円→4675円





サクッとうかる日商3級 テキスト

サクッとうかる日商3級

メリット
ネットスクールから出版されてる本書。
理解を非常に重視しており論点の「理由」を徹底的に書いてます。
本書が他と大きく違う点は学習順序が違うことです。
簿記には同じような考え方をする論点があります。
それをまとめて学習することで効率よく学習しようという戦略です。
こちらもフルカラーが特徴でかなり見やすいです。
著者のコラムが非常に面白く、興味深く勉強になります。
さらになんといっても、5時間以上の講義動画が無料で見られることです。
ここまでサービスがいいのは本書だけでしょう。

サクッと“解説”日商3級 – 第1回 – 第1章 身のまわりの簿記 – 自分貸借対照表を作ろう!【字幕追加版】

デメリット
テキストの後半部分が分かりにくいと評されてることです。
やや説明不足かなっと思いますが、講義を見れば解決するでしょう。
もう一つは重要ポイントなどは前述の簿記の教科書のほうが見やすいことです。

↓ネットスクールの公式ショップなら10パーセントオフで購入できます
ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns
ネットスクール公式通販は2500円未満の場合送料がかかります。そのため電卓と同時に購入するか、トレーニング、過去問などと同時に購入されることをおすすめします。




パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級テキスト&問題集

パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級
メリット
ややマイナーな出版社から出てる本書ですが、著者は公認会計士で大手監査法人で経験のあるプロです。
本書の特徴は4コマ漫画を用いて実際の取引を解説してる点です。
漫画なので実際の取引のどのタイミングでどの仕訳が発生するか理解しやすいです。
解法のプロセスに拘った解説をしており、著者の下書きも手書きで書いてあります。
さらに著者の解説動画も見られるため解くことに関しては非常に強味を持ったテキストです。

簿記3級 商品売買(売上と仕入)の仕訳【テキスト第5版】

これが一番大きなメリットですが、著者のブログでテキストの分からないことを回答してくれることです。
事実として著者のブログではテキスト利用者の質問が溢れてますが、その一つ一つに丁寧に回答してます。

デメリット
やや理屈ではなく暗記させようと感が強いところですね。
ですが、テキストを読んで分からないところは著者が答えてくれるので心配いらないでしょう。
あとは論点のすべてを動画にしてないことです。
苦手とする論点の解き方を講義してくれます。


大原で合格(うか)る日商簿記3級

大原で合格(うか)る日商簿記3級

メリット
最大手の資格の学校大原から出版されてる本書。
この本は簡潔な説明かつスッキリしたレイアウトで短期間で勉強が可能です。
フルカラーではありませんが、図や表は多様しており理解には問題ありません。
さらにつまづきやすいところは動画解説がついており疑問を解決することができます。
無料で高品質の予想問題集もついておりこの本もまたサービスが充実してます。

デメリット
解説があっさりしすぎてること。人によっては理解できないかも。

個人的におすすめしないテキスト

TAC出版 合格テキスト 日商簿記3級
私が一番最初に手を出して失敗した本です。
日商簿記3級に出ないことまで書かれておりオーバーワークだと思います。
情報量が多いためどれが重要ポイントか分かりにくいです。
講師から教わる場合、日商簿記を合格してさらに実務的なことまで知りたい人にはおすすめ。

TAC出版 スッキリわかる 日商簿記3級
別に悪くないです。実際に私も3級はこのテキストを使用しました。(2級は簿記の教科書)
では、なぜおすすめしないかと言うと、同じ著者の簿記の教科書のほうがおすすめだからです。
そちらはフルカラーかつ図解を多用しており、重要ポイントが一目でわかります。
また、スッキリわかる、簿記の教科書両方ともDVDを出していますが、
個人的には簿記の教科書の講師のほうが分かりやすいと感じました。

スッキリわかる日商簿記3級 第11版対応講義DVD[体験版] |TAC出版

まとめ

実績のあるテキストがいい→簿記の教科書
無料講義が充実してる→サクッとうかる日商3級
解法を知りたい、質問したい→パブロフ流でみんな合格
簡潔な説明がいい→大原で合格(うか)る日商簿記3級

コメント

タイトルとURLをコピーしました