通信講座通信講座

TAC独学道場の簿記2級講座を忖度なしで口コミ、評判を集めてみた

TACの独学道場簿記2級の口コミと評判通信講座

TAC独学道場の簿記2級講座を受講しようか悩んでる方に独学道場の口コミ、評判、デメリット、メリットを書きました。

また、スッキリコースと教科書コースどちらがいいのかも書いてます。

しっかりと悪い部分も書き、読者様が適切に通信講座を選べるようにサポートします。

TAC独学道場のデメリットは質問回数が少ないことです。

では、詳しく解説していきます。

TAC独学道場の簿記2級講座の口コミ、評判

実際にTAC独学道場で合格した人や、講義が分かりやすいと声がありました。

ただし、独学道場の口コミはやや少なめですね。

TAC独学道場の簿記2級講座のスッキリと教科書コースどっちがいい?

公式ページには以下のことが書かれてます。

どちらも本試験合格に必要な知識は網羅しているという点では変わりありません。違いは、講師とテキストのテイストになります。
「教科書コース」は、フルカラーで見やすい「みんなが欲しかった!シリーズ」を使用。基礎からしっかり学習して着実に合格を目指したい!方向けのコースとなっております。
「スッキリコース」は、テキスト問題集一体型テキスト「スッキリわかるシリーズ」を使用。効率よく学習して短期間で合格を目指したい!方向けのコースとなっております。
日商簿記1級独学道場では「簿記の教科書」を使用していますので、1級までをお考えでしたら、「簿記の教科書」シリーズのほうがスムーズに進級できます。 引用

ですが、私の意見としては簿記の教科書のほうおすすめします。

スッキリコースのメリットは効率よく学習できることです。

しかし、教科書コースでも十分に要点を絞って解説してあるため、効率よく学習することができます。

さらに個人的にはスッキリコースの髙橋靖明先生より教科書コースの可児友子先生と岩橋真弓先生のほうが重要ポイントをしっかり強調してて分かりやすい気がしました。

講義は合う合わないがあるので、動画を参照してください。

テキストも分かりやすいのは簿記の教科書です。

私は簿記3級ではスッキリわかる、簿記2級では簿記の教科書のほうを使ってましたが、簿記の教科書の完成度のほうが高い気がしました。

簿記の教科書はフルカラーで図解が豊富にあります。

ですので、記憶に定着しやすく学習がはかどるでしょう。

TAC独学道場の簿記2級講座のデメリット

質問できる回数が少ない

TAC独学道場のデメリットは質問できる回数が少ないことです。

「質問カード」は各級5回までです。

そのためたくさん質問したい人には向いてないでしょう。

もし、質問対応がいい通信講座をお探しならネットスクールをおすすめします。

なお、質問回数が少ないだけで、質問対応は口コミを見る限りいいみたいです。

ただ、デジタルの時代に質問カードを郵送で送るって時代遅れだと思います。

質問メールに改良してほしいです。

実績を公開してない

TAC独学道場は合格実績を発表してません。

公式ページに合格者の声は載せてありますが、合格者数などは載せてません。

しかし本家TACの講座は多数の簿記合格者がいますので、信用はあると思うのですが、

悪く言えば本家TACの副業みたいなものかもしれません。

合格実績をしっかり載せている通信講座がいいかたはフォーサイトをおすすめします。

フォーサイトは合格率が全国平均の8倍とかなり高く、今勢いのある通信講座です。

TAC独学道場の簿記2級講座のメリット

講義時間が短く効率よく学習できる

TAC独学道場は通常のTACの講義の3分の1ほどの講義時間です。

これがデメリットと受け取られるか、メリットとして受け止めるかは人によって異なりますが、私としてはメリットです。

要点を絞って教えていただけるため、本当に大事なポイントが分かります。

だらだらと長ったらしい説明は重要ポイントがぼやけてしまいます。

簿記2級、簿記3級は習うより慣れろの要素が強く、重要ポイントを素早く把握したら、演習を繰り返すのがいいでしょう。

価格が安く、TACの人気講師の講義を受けられる

通常のTACは83,000円は払わないと簿記2級の講義が受けられません。

しかしTAC独学道場は30,000円で受講できます。

この価格で大手資格の学校の人気講師の講義を受けられるのはお得だと思います。

簿記2級は独学で取得できるのか?

簿記2級は独学でも取得できます。

しかし、やや苦労すると思います。

簿記2級は商業簿記と工業簿記の2つの科目を学ばなければいけません。

商業簿記は簿記3級の延長戦の科目ですが、範囲がかなり広く、公認会計士受験生も苦労する連結会計と税効果会計を勉強しなければいけません。

工業簿記は簿記2級から新たに勉強する科目ですが、商業簿記と比較して理系の要素が強く、理解が大事になってきます。

私個人としての意見ですが、通信講座を受講したほうがが効率がいいのは間違いないので、悩んでるなら手っ取り早く受講して合格しますね。

タイトルとURLをコピーしました